top of page

私たちについて

Ckd Creative Studioは、クリエイティブディレクター 廣田 薫とアートディレクター/デザイナー 篠田 圭祐による、クリエイティブスタジオです。ブランド戦略を主体としたクリエイションを行なっています。私たちは、常にクライアントの目的を達成することを目指しています。細やかなヒアリングを通して、クライアント自身が、まだ明確に捉えきれていない抽象的なブランドイメージを的確に掴み、また水面下の問題を顕在化し、それらを解決しながら、ブランドを構築していきます。このような姿勢のもと、これまで、新ブランドや店舗の立ち上げ、またリ・ブランドなどのプロジェクトを多く手掛けています。

About us

photography: Koji Maeda

photography: Hiroshi Mizusaki

Philosophy

フィロソフィー

私たちが思う【ブランド】とは、新旧問わず、血が通っています。この血が通った【ブランド】には、人を惹きつける魅力があります。プロダクトの魅力はもちろんのこと、ブランド作りに関わる制作過程を一つ一つ大切にし、真摯に向き合い、見極め、課題を解決し、ブランドを本質をとらえた、血の通ったブランドづくりを目指します。

Ckd Creative Studioの強み

私たちの強みは、大きく3つあります。ひとつめは、コンセプトメイキングなどのブランド戦略から、それらを表現するクリエイティブまでを自社で一貫して行うことができることです。Ckdでは、プロジェクトの初段階から携わり、ヒアリングにより、目的や市場価値などを深く理解した上で、クリエイティブを行なっています。ブランド戦略からアウトプットまでを一貫して行うことで、一本の筋の通ったブランドづくりができるのです。

2つめは、高いマネージメント力です。プロジェクトには、建築、撮影、編集など各専門分野の人たちが関わり、各進行が連動しています。そのため、プロジェクトをスムーズに遂行するには、マネージメントが重要となります。また、Ckdでは、進行管理だけでなく、クライアントとクリエイターの意思疎通を図る、通訳のような役割を担います。クライアントとクリエイター間において、クライアントの意向がクリエイターにうまく伝わらない、またクリエイターの言っていることがよくわからないといったことは、クリエイティブ業界でよく聞く話ではないでしょうか。Ckdでは、クライアントとクリエイターとの間に立ち、クライアントの要望や意向を汲んで、クリエイターに通じやすい言語に変え伝えています。クリエイターの考えをクライアントへお伝えする時も同様です。そうすることで、相互関係の意思疎通を高め、よりよい成果が上がることを目指しています。

3つめは、印刷に関する豊富な経験と知識です。Ckdでは、ブランドの魅力を伝えるには、どういった紙で、どのような印刷や加工が良いか、それらを常に考え、ご提案しています。WEBサイトやデジタル化が主流となった今日ですが、やはりブランドの世界観を表現したり、ブランドと顧客との結びつきを強くするために、手元に残り、五感に触れる紙媒体は、重要なツールだと私たちは考えています。

bottom of page