top of page

Brand Design

Ckd Creative Studioでは、ブランドデザインに携わっています。
ブランドにはフィロソフィーがあり、それらを表現する世界観とものづくりにより、顧客はファンとなり、強い繋がりをつくります。私たちは、クライアントの将来像や価値観、思いなどを共有し、ブランドをデザインしていきます。それらをクリエイティブを用いてかたちにするため、私たちはコンセプトメイキングなどブランドの核となる部分からクリエイティブまでを一貫して手掛けています。


クライアントの皆さまの中には、ぼんやりとしたイメージの状態でご相談に来られる方も少なくありません。私たちは、まず丁寧にヒアリングを行い、まだぼんやりとしている将来像を具現化したり、もやもやとした水面下にある問題点を顕在化していきながら、ブランドデザインを進めていきます。

 

ブランドづくりには、長期的な取り組みが必要です。Ckd Creative Studioでは、クライアントとブランディング契約を結び、継続的にブランドデザインに携わっています。クライアントの目指す方向を共有し合い、時には軌道修正をし、課題解決しながら、クライアントのパートナーとして、クライアントともに時代に合わせたブランドづくりに取り組んでいます。

ブランディング契約​〈年間契約制〉について

Ckd Creative Studioでは、クライアントのパートナーとして、企業や事業の継続的なブランドデザインを行なっています。

・ワークショップ
社内ブランディングのための勉強会

・ブランド戦略
事業計画にもとづいたブランドデザイン

・VI 監修
対外的ビジュアルの監修

【内容一例】

内容一例

・ブランド戦略(事業計画にもとづいたブランドデザイン)
・アドバイザリー(問題・課題に対するCD・AD視点によるアドバイザリー)

・VI 監修(対外的ビジュアルの監修)

・ワークショップ(社内ブランディングのための勉強会)

・アドバイザリー
問題・課題に対するCD・AD視点によるアドバイザリー

Workshop

ワークショップ

ブランディング契約を結んだ企業に向けて、社内向けのワークショップ(勉強会)を実施しています。このワークショップの大きな特長は、基本的な専門知識を学ぶだけではなく、その知識をもとに、自社のコンセプトやロゴデザイン(CI)、ビジュアルデザイン(VI)に置き換えて学べるところにあります。自社のブランドについて、深く理解することで、自社ブランドへの愛情が生まれ、方針に沿った自発的な行動を生むことにつながります。一般知識を学ぶ講座は多くありますが、知識の習得に留まりがちです。専門知識とともに自社について学べ、実際の現場で生かせる勉強会として好評を得ています。

bottom of page